その他の治療内容について

逆子治療
逆子治療
妊娠中期頃までは逆子の赤ちゃんも多く、お医者さんからも特に何も言われない事がほとんどですが、妊娠28週を過ぎても逆子の場合、赤ちゃんも大きくなってしまい回るスペースも少なくなって戻りにくくなるのでなるべく早く治療することをおススメします。特に35週以降は戻りにくいと言われていますので、28週~35週までに治すことを目標にします。
ただ、35週以降も戻る事もあり、帝王切開予定の前日に戻った方もいますので、最後まで諦めないことが大事です!

〜逆子治療について〜

逆子のツボと言えば「至陰」と言われるぐらい良く効くツボが足の小指にあります。お灸の治療が大変効果があります。
また、至陰穴に加えて、背部の治療を加えることでお腹もゆるみ、赤ちゃんが回りやすくなります。
東洋医学では、「表裏」という考えがあり、お腹と背部もそれに当たります。
これは、お腹に問題がある時は背部に治療し、背部に問題がある時はお腹に治療し、症状を改善する方法です。
お腹が張って赤ちゃんが上手く回れなくなっている場合があります。そういう場合は、背中、腰に強い張りが
ある場合が多いです。したがって、背部の緊張を取ることでお腹もゆるみ、逆子が治りやすくなります。



産後の鍼灸治療
産後の鍼灸治療
出産は大きな喜びと同時に、身体に大きな負担がかかる出来事です。
そして、出産後すぐに授乳などの育児に追われ睡眠も取れない日々が待っています。
出産と産後の育児で、身体の免疫力も自然治癒力も落ち、様々な身体の不調が出てきます。
そしてなかなか治癒しない状態が続いてしまいます。なるべく身体を元の状態に早く戻すことで
育児をスムーズに行うことができ、また精神的にも穏やかな気持ちで過ごすことができます。
鍼灸治療で、身体が本来持っている自然治癒力を上げて身体の回復を早め、心も体も良い状態にもっていきましょう。

~産後の身体の不調の例~

• むくみ
• 貧血
• 全身疲労
• 母乳の分泌不足
• 腰痛、肩こり
• 骨盤、股関節周囲の痛み
• 長時間の抱っこによる腱鞘炎
• 痔
 など

二人目妊活に向けての治療

二人目妊活
二人目の妊活に向けて身体を整えることは大事なことです。
出産は大量な「血」を消耗します。
またその後の育児などで、その「血」も補充されるどころか、
身体からどんどん奪われている状態になってしまいます。
東洋医学的に「血」は臓器や組織に栄養を供給する
重要な物質と考えられており、「血」が不足する事で
生命活動のエネルギー源でもある「気」も不足してしまう
悪循環に陥ってしまいます。
それによって、全身の血流が悪くなり、
各臓器に十分な栄養も行き渡りません。
そのため、妊娠前のような順調な生理が来ない方も
多くいます。次の妊娠のために生理周期を整えて、
良い卵子を排卵できる身体にするためにも鍼灸の力で
早めに治療を行うことをおススメします。


「血」人体にとって必要不可欠な物質

「気」「血」を運行させ、「血」は絶えず「気」に栄養を与えている

気と血


 補気のツボ…足三里、合谷、気海など
 補血のツボ…三陰交、血海、膈兪など

婦人科疾患
婦人科疾患

月経異常(生理不順)

月経異常で問題になるものに、無月経・無排卵周期症などがあります。
無月経は、18歳を過ぎても初経が起こらない原発性無月経と、
それまで順調だった月経が3か月以上停止してしまう続発性無月経とに分けられます。
月経は視床下部、下垂体、卵巣、子宮という複数の臓器が関わって、階層的にホルモンを介して調整しているので、
これらのどの段階に異常が生じても月経は停止して無月経になってしまいます。
無月経の原因として最多なものは、視床下部性無月経で、ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)の分泌減少あるいは不適切な分泌パターンにより、視床下部以下のゴナドトロピン(FSH、LH)、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)分泌がうまくいかず無月経となります。視床下部性無月経が起こる原因で一番多いものは、「原因不明」で心理的ストレスが原因と言われています。
無排卵周期症は、ほぼ規則的に月経様の出血はあるが、排卵を伴わないものを言います。
卵胞の発育はある程度はありますが、排卵が起こりません。卵胞発育不全や、視床下部の機能不全によりLHサージが起こらないことが原因であると考えられています。
排卵がないので卵胞は黄体に変化せず退化していきます。当然プロゲステロンの濃度は低いままです。子宮内膜は増殖しているので、いずれは剥離・出血して月経となります。

月経困難症(月経痛)

月経期には下腹部痛と腰痛などの何らかの症状を伴うものですが、
月経直前または月経開始とともにそれらが強くなって日常生活に支障をきたす場合を月経困難症と呼びます。
月経困難症には機能性(原発性)と器質性(続発性)に分けられます。
機能性月経困難症には、子宮やその周辺に器質的病変がなく、痛みの原因が不明です。
月経時に子宮内膜で産生されるプロスタグランジンF2αというプロスタグランジンの一種が、普通の人より多量に産生され
子宮筋を過剰に収縮させていることが原因であると考えられています。
器質性月経困難症は子宮筋腫や子宮内膜症などの疾患が原因となります。

月経前症候群(PMS)

月経前(3~10日前)に、易疲労感・イライラ・抑うつなどの精神症状や、むくみ・頭痛・疼痛(腰痛、関節痛など)・乳房症状・胃腸症状(腹部膨満感、便秘、下痢)などの身体症状を来し、月経の発来とともに急速に消失します。
これを月経前症候群(PMS)と呼びます。月経前の心身の変調は多くの女性が経験することではありますが、症状が周期的に出現し、日常生活に支障をきたす程度になった場合を月経前症候群(PMS)と言います。
原因は、生理周期に伴う女性ホルモンの影響や耐糖能異常、セロトニンの過剰分泌など様々な事が言われていますが、よくわかっていないのが現状です。

冷え性

冷え性は「その人の身体内部で自覚する不快な冷感」と定義されています。
冷たく感じる場所は腰から下、大腿部から下、膝から下、足先、手先など様々で、腰やお尻だけが冷たく感じる場合もあります。
冷え性は、寒がりとは違い、温めてもすぐに身体が冷えてしまったり、たくさん着込んでも温まらなかったり、
夏でも冷えている状態です。自律神経が失調し、血行が不良になることで冷えが生じるとされています。

更年期障害

更年期障害とは、女性特有の臓器がその役割を次第に終えようとする閉経前後に起こります。
閉経前後には卵巣機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に低下して視床下部の自律神経中枢に影響を及ぼし、
様々な自律神経失調症を引き起こすと考えられています。環境・心理的因子なども複雑に絡み合い、
器質的疾患がないにもかかわらず、自律神経失調を中心とした不定愁訴を訴えます。
のぼせ・発汗・心悸亢進などの血管運動症状、頭痛・イライラ・鬱・不眠などの精神神経症状、肩凝り・腰痛・しびれなどの
運動・知覚系症状など非常に多彩な症状があります。



デコレーションバー

 東洋医学には、「五臓」という考えがあります。
 五臓には肝・心・脾・肺・腎があり、西洋医学の内臓と同じ名称ですが、
 解剖学的な意味合いだけでなく、それぞれの生理機能や病理変化、
 さらにその相互関係を含めた考えです。五臓のうち、女性の月経で重要なものに「肝」があります。
 肝は、月経のタイミングや排卵をコントロールしています。
 しかし、肝だけを治療すれば良いというのではなく、これら五臓は互いに助けたり抑制しながら
 機能しているので、それらのバランスを考え治療していきます。
 婦人科疾患はストレスや自律神経の乱れなども含め、様々な原因で起こりますが、鍼灸治療を行い、
 全身のバランス(五臓、陰陽、気血津液など)を整え、自然治癒力を高めることによって
 改善することができます。西洋医学だけでは、病気によって起きている症状を和らげることはできますが、
 根治出来ない事が多いです。また、薬に頼る対症療法になりがちですが、
 鍼灸治療では東洋医学的に原因を探り、体の内側から整えていきます。

五臓バランス
デコレーションバー
慢性疾患と鍼灸治療
只今準備中です。
刺絡治療
刺絡治療

刺絡治療とは

刺絡治療は、大変古くからある治療法で、マラリアの治療に使われて即効性があったことから広まったとされています。
指先の爪甲の生え際の井穴、重要なツボ、凝っている部分、鬱血しているところなどに専用の鍼を用いて
少量の血を出すことによって症状を改善させる治療法です。

刺絡治療の目的

鬱血している場所を取り除くことにより、全身の血液循環を良好にして、治癒的機能を高めることが出来ます。
手足のツボなどに行う場合は自律神経の調整、及びそれぞれの経絡に関連した疾患を治療することができます。

刺絡治療の効果

効果としては、即効性があるものが多いです。また、持続性もあります。よって、1週間に1回の治療のペースから、
ある程度良くなったら1か月に1回、2か月に1回ぐらいでも持続します。

刺絡治療の部位

重要な部位としては末端と関節付近になります。末端とは手足のことです。
末端は冷えやすく循環障害も起こしやすいところ、また、重要なツボがある場所です。
関節付近にも重要なツボがあります。
捻挫や打撲などの急性外傷などの場合は怪我をしている箇所に刺絡をすると効果があります。

刺絡治療の適応疾患意

内科系、運動器系、婦人科系、循環器、消化器系、風邪、のどの痛み、アレルギーなど様々です。

刺絡治療禁忌の方

心臓疾患、重度の貧血、出血性素因のある人
吸玉治療
吸玉治療

吸玉治療とは

吸玉治療とは、皮膚を陰圧で吸引することにより気血のめぐりを良くし、病気を治す治療法です。
この治療法は古代エジプトでも用いられ、中国でも紀元前から使用されていたことが分かっている歴史のある治療法です。
昔は動物の角などを使って使用されていましたが、現在はプラスチックやガラス製材を使って使用します。
お身体の状態を診て、経絡的、経穴的、局所的(反応点)に場所を決めて治療します。

吸玉治療をおススメしたい人

・瘀血(血液が滞っている)体質の方
・血流が悪いと感じている方
・筋肉の凝りや張りが強いと感じる方

吸玉治療の効果

①血液循環を改善する
吸引する事により、局部の毛細血管を拡張させ、全身の血液循環が改善される。

②新陳代謝の促進
血液循環が改善されることで、血流量の増加、皮膚の血液供給と栄養供給の増加、細胞の活力が増強し、
全身の新陳代謝が促進される。

③温熱作用がある
血管が拡張して血液循環が改善されることにより、温かさを感じることが出来る。

④解毒排泄を促す
吸引することにより、皮膚を通じて余分な水分や瘀血が吸い上げられ、汗腺と皮脂腺の機能を増強し、
身体の解毒排泄が促される。

⑤痛みの軽減
吸引により皮膚を刺激し、局所の内環境を改善し、癒着が軽減され、筋肉や関節機能が回復される。
血液循環の改善により気血の流れも良くなり痛みが軽減される。

吸玉治療後の皮膚の変化

吸引した痕の皮膚に吸引痕が残ります。
正常ならピンク色で、ほどなくして痕は消えますが、異常のあるところですと、内出血痕が出来、痕が消えるのに数日~1週間前後かかります。皮膚の変化は診断にも用いられ、皮膚の色の変化で治療の経過を予測する事が出来ます。
血液の状態

吸玉療法の注意点

瘀血体質の方は、内出血が起こります。消えるのに数日~1週間以上かかる場合もあります。
内出血の痕が生じるのが嫌な方はお控えください。
また、吸引の強さは患者さん一人一人によって変えています。
患者さんの反応を見ながら痛みを感じない範囲で行いますが、その時の体調などにより、まれに水泡が出来る場合があります。
水泡は数週間で消えますが、その場合は水泡を潰さないようにご注意ください。

吸玉療法が出来ない場合

• 皮膚に高度な浮腫があるとき
• 出血傾向のある疾患をお持ちの方
• 移植後の方
• 妊婦の方

足底板療法
只今準備中です。
お問い合わせボタン
ページTOPへ